お花見の持ち寄りにはワインがおすすめ!お花見におすすめのワインとおつまみは?

今年の桜は平年よりもちょっと早い開花予想が出ました。満開予想の3月末頃には、お花見もピークになりそうですね。お花見の持ち寄りにはぜひおしゃれなワインがおすすめです。高評価間違いないですよ!ということでお花見の持ち寄りにおすすめのワインとおつまみ&便利なワイングッズをご紹介します。みんなでワインをもってお花見に行こう!

スポンサーリンク

目次

お花見におすすめワイン

お花見の持ち寄りにおすすめなワインをロゼワイン・白ワイン・赤ワイン別にご紹介してみたいと思います。

やっぱりお花見ワインの定番!桜色のロゼワイン

気の置けない仲間同士が集まって、みんなの持ち寄りで楽しむお花見のポイントは「手軽さ」ですよね。

コルク栓を抜く必要のないスクリューキャップのワインは、こんな時こそ大活躍してくれるお花見に持って来いのワインです。中でも桜色のロゼはお花見の定番ですね。

スポンサーリンク

シレーニ セラー・セレクション ソーヴィニヨン・ブラン・ロゼ “サクラ”(ニュージーランド/辛口)

ソーヴィニヨン・ブランにピノ・ノワールをブレンドして造ったロゼで、少し熟しかけた桃や可愛らしいイチゴ、ラズベリーなどにパッションフルーツや新鮮なハーブの風味を感じます。ほんのり甘みを感じる柔らかく華やかな味わいです。お花見にぴったりの桜のラベルです。

ラシュトー ロゼ・ダンジュ(フランス/ほのかな甘口)

フランスの庭と呼ばれるほど景観の美しいロワール地方のロゼで、とてもきれいな色のロゼです。やはりイチゴやラズベリーなどの赤い果実にシトラスやライチの香りも感じます。レッドベリーのほんのりとした甘さがあり、どんなおつまみにも合わせやすい飲みやさです。

トーレス ヴィーニャ・エスメラルダ・ ロゼ  リミテッド・エディション (スペイン/辛口)

本当に淡~いサーモンピンクのロゼで、赤いベリー系の香りの中に赤いリンゴやバラの香りも感じます。色合いから想像する味わいとは裏腹に、やや苦みのあるしっかりとしたミネラル感と適度なコクの果実味も感じます。きれいなボトルデザインのちょっと大人なロゼワイン。

華やかな香りとコクのある果実味の白ワイン!

スッキリと飲みやすいのもいいけど、味わい重視で美味しい白ワインが楽しみたい方には、しっかりとした味わいのある白ワインがおすすめです。香りがいいのはもちろん、コクのある果実味がちゃんと楽しめるコスパの高い白ワインをご紹介します。

カテナ アラモス・トロンテス(アルゼンチン/辛口)

アルゼンチンで100年以上の歴史を持つカテナ社が造るカジュアルクラスの白ワイン。マスカットやトロピカルフルーツ、アカシアの花などの華やかな香りに、爽やかな酸味とコクのある豊かな果実味の抜群のバランスで、余韻にちょっとだけ残る苦みも心地よく飲み飽きません。

ジャン・マルク・ラファージュ ノヴェラム・シャルドネ(フランス/やや辛口)

フランスとスペインとの国境にほど近い南仏ルーション地方で造るコスパの高い白ワイン。マンゴーやパイナップル、黄桃など濃厚なフルーツの香りがします。トロリとしたネクターやフルーツポンチのようなギュッと凝縮した果実味に溢れ、柔らかな酸のまろやかな味わいです。

サン・ルチアーノ トスカーナ・ビアンコ “グイット”(イタリア/辛口・微炭酸)

ほんのり微炭酸のスッキリ爽快な白ワイン。レモネードや白桃、甘酸っぱい柑橘果実の軽快で爽やかな香りと、新鮮な青リンゴや洋梨を丸かじりしたようなフルーティーな果実味。口中にチリチリと感じる超微炭酸の口当たりは、飲みやすすぎて止まらなくなっちゃいそうです。

それでもやっぱり赤が好き!飲みごたえのある赤ワイン。

それでもやっぱり赤が好きな方のために、味わいにも価格にも満足できる飲みごたえのある赤ワインもご紹介します。軽やかで飲みやすい赤ワインから凝縮した果実味の濃厚な赤ワインやスパイシーな赤ワインまで、コスパ抜群の赤ワインをご紹介します。

ライオン・クリーク カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ(南アフリカ/ミディアムボディ)

「ケープタウンのラトゥール」と絶賛され、神の雫にも登場した「レッド・メダリオン」を造るネイピア・ワイナリーのコスパ抜群のカジュアル・ワイン。アメリカンチェリーやブラックベリー、プラムなどにチョコレートのニュアンスを感じる香り。力強く濃厚な果実味と滑らかな酸が調和した味わいには、驚きのパフォーマンスを感じます。

ラ・クロワザード ピノ・ノワール・レゼルヴ(フランス/ミディアムボディ)

早摘みのブドウと遅摘みのブドウをブレンドすることで、新鮮でフルーティーな果実味とコクのある滑らかな果実味を併せ持つリッチな味わいのピノ・ノワールです。ラズベリーやブルーベリーの香りとともに、甘いバニラのような香りがします。ピノ・ノワールとは思えない優しく柔らかな酸と深みのある果実味で、ほんのり樽の風味も感じますよ。

カスターニョ・モナストレル(スペイン/ミディアムボディ)

ミディアムボディながらスパイシーさと一緒に完熟果実を感じさせる味わいは、干しイチジクやレーズンを連想させます。荒削りなタンニンの渋みもありますが、口を開けてしばらくするとドンドン丸みを帯びてきて、最後の方はほろ苦さと甘酸っぱさで締めくくってくれます。

テッラ・ダリージ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(イタリア/フルボディ)

イタリアを代表する旨安ワイン、モンテプルチアーノ・ダブルッツォの中でもおすすめの造り手です。熟したダークチェリーやプルーン、カシスなどに黒胡椒やクローブなどのスパイスと優しい樽のニュアンス。リッチでまろやかな果実味に丸みのあるタンニンは格別です。

フアン・ヒル クアトロ・メセス “サクラ” (スペイン/フルボディ)

お花見ですから、やっぱり最後は「桜」で締めくくりでしょう!この美しい桜吹雪のラベルは日本でだけ発売されている特別ラベルなんです。2種類のオーク樽で4か月間熟成させた果実味は、ブラックベリーのジャムのようなジューシーで凝縮感のある半端ない美味しさです!

お花見の持ち寄りなら手間をかけずに食べられるものがベスト!

気合を入れて前の日から手作りのおつまみを用意するのは結構大変ですよねぇ。スーパーで買えるポテトチップスや柿ピー、チーズなど定番のおつまみの他にも、今はお手軽に美味しいおつまみが買えますから、今回はネットで頼めるワインによく合うおすすめのおつまみをご紹介します。

スポンサーリンク

宮崎名物 鶏のささみくんせい(10本入り) 1,575円 (税込)

宣伝文句は「宮崎産の新鮮な若鶏ささみを職人が1本1本丁寧に時間をかけて桜の木で燻した、味わい深い燻製です」なんですが、買って食べました。本当に美味しいです。モンドセレクションを受賞した宮崎クルメです!

ワインに合うおつまみ5品のお味見セット 2,980円 (税込)

初回限定!送料込みの5点セットです。お味見セットなので一回限りなんですけど、セット数の限定がないところがうれしいじゃありませんか!

ボリューム満点のサンドイッチセット(5種類30ピース) 6,800円(税込)

八王子で創業60年を超える「煮かつサンドのROMAN」の手作りサンドイッチ。煮かつのほかにも玉子焼きやツナサンドなど、ちょっとお高いけどボリューム満点の内容です。

ドイツハム専門店のパーティーオードブル7点セット 3,369円(税込)

本場ドイツのハムやソーセージのおいしさが手間いらずで楽しめる7種類のオードブルの詰め合わせです。薄く切ったバゲットやパンに挟んで食べても美味しいです。

お花見にあると便利なワイングッズ

ワインのコルクは開けるのが大変だったり、ワインのボトルを倒してしまって洋服が汚れてしまったり…。お花見に限らず、アウトドアでもホームパーティーでも活躍してくれそうなワイングッズをご紹介します。

誰でも簡単にコルクが抜ける電動式ワインオープナー

ソムリエさんが使うようなワインオープナーは、上手に使えないとコルクが割れたり、途中で折れたりすることもありますよね。電池で動く電動式なら誰でも使えて便利です。

レバーを上下するだけでコルクが抜けるワインオープナー

レバーを握って上下するだけで、誰でもわずかな力で簡単にコルクが抜けます。JALでも失敗もしないし力も要らないということで国際線のファーストクラスで採用しているそうですよ。

プラスチック製のワイングラス

プラスチック製の組立式ワイングラス。アウトドアとはいえワインを飲むなら紙コップよりも気分がいいですよね。

シリコン製のワインキャップ 

コルクを抜いた後に使える無臭のシリコン製キャップ。ボトルの口を隙間なく密閉出来るため、もしボトルを倒してしまってもワインがこぼれる心配がないので安心です。

まとめ:今年のお花見はワインで乾杯しよう!

お花見と言えば、以前は手作りのお弁当やおつまみを持ち寄って、ビールを飲みながらワイワイっていうイメージでしたけど、近年はだいぶ多様化してきてるみたいですね。

公園のベンチでランチをしながらや河川敷の桜並木の下をジョギングしながら…などなど、お酒抜きのお花見も増えているようですが、やっぱりみんなでワイワイは楽しいものですよね

桜が満開なのは、わずか一週間程度。

スマホばかりで人とのコミュニケーションが不足していると言われる昨今ですから、今年はワインとおつまみを持ち寄ってお花見に出かけませんか?

思いもしなかった新しい発見や出会いがあるかも知れませんよ!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク