アラジン実写化の吹き替えには歌が上手い俳優・女優が選出される?

スポンサーリンク

あの人気ディズニー映画アラジンが実写化されると発表されましたね。アラジン実写化ということで日本語吹き替えのキャストが気にになりますよね。歌も日本語版で歌うので、歌が上手い俳優・女優が選ばれるのではないかと思います。アラジン実写化のキャスト・吹き替え・日本の公開日についてまとめてみましたので見ていきましょう。

スポンサーリンク

ディズニー映画「アラジン」とは?

ディズニー映画「アラジン」とは、1992年に公開された、砂漠の国「アグラバー」という架空の王国を舞台にした物語です。

18歳のアラジンという少年は、お金がなかったので泥棒をして食料を得るといったホームレスのような生活をし、ボロボロの洋服を着ていたことから「ドブネズミ」と呼ばれることもありました。

しかし、やっと手に入ったパンを、貧しい子どもたちに分け与えるという優しい一面を持った少年でした。

ある日、街で助けた女性にひとめ惚れをします。それは、アグラバーの王女で16歳のジャスミンでした。

ジャスミン王女は、父親であるサルタン王に、望まない結婚を急かされていました。そのことにウンザリして、夜中にお城を抜け出してきたのです。

しかし、お城から一歩も出たことのないジャスミン王女。最初こそ外の世界を楽しんでいたのですが、街でトラブルに巻き込まれてしまいます。

そこへ現れた救世主がアラジンでした。

ふたりは徐々に惹かれあいますが、一方は国の王女、一方はほぼホームレス。話がとんとん拍子に進むはずがありません。

ジャスミンへの愛を諦めかけたアラジンでしたが、そこでランプの精ジーニーと運命的な出会いをするのです。

ジーニーは、魔法のランプに住むランプの精です。ハイテンションで陽気な性格のジーニーはいつもみんなを楽しませてくれます。

ランプの精は、主人に絶対服従という縛りがあり、主人の言うことを3つ叶えるといった使命があるのです。

ジーニーは自由になりたいという願いがありました。しかしそれは、主人が3つの願い事のうち1つをジーニーのために使わなければ実現しません。そのため、ジーニーはこの願いを半ば諦めていました。

さて、アラジンとの出会いにより、ジーニーの新しい主人はアラジンになりました。

アラジンはジャスミンに近づくために、自分を王子にしてほしいと頼み、ジーニーはそれを叶えました。その結果、アラジンとジャスミンの距離は縮まったのです。

しかし、アグラバーの国を横取りしようと、国務大臣のジャファーが攻めてきたのです。その攻撃を、アラジンとジーニーの力で撃退したことでアグラバーは救われ、アラジンとジャスミンは結婚することができました。

そしてアラジンとジーニーにも強い絆が芽生え、主人であるアラジンは、ジーニーに自由になってと告げ、ジーニーは夢であった世界旅行へ旅立つのです。

実写版「アラジン」のストーリーやキャスト・公開日は?

日本では、2019年6月7日の公開を予定しています。

まず、キャストについてですが、ランプの精ジーニーを演じるのはウィル・スミスですね。

「青すぎる!」、「ジーニーというよりウィル・スミスを青くしただけ!」「アバターみたい!」と話題になっています。

確かに青すぎてちょっと怖いです。衝撃的ですね。衝撃的すぎてトレンド入りもしました!(笑)

アラジン役はメナ・マスード

ジャスミン役はナオミ・スコットと決定しました。

ジーニー役のウィル・スミスさんがインパクト強すぎて、残念ながらこのお2人方、全然話題にあがってきません。

アラジン役よりジーニー役が話題になるというのもちょっと面白いですね。

実写版「アラジン」の見どころは?

実写版アラジンの見どころは、なんといってもジャスミンのソロ歌唱です。

アニメのディズニー映画の暗黙のルールとして、ヒロインのソロ熱唱シーンがあるのが通常なのですが、アニメ版ディズニー映画「アラジン」ではそのシーンがありませんでした。

アニメ版ディズニー映画「アラジン」では、アラジンとデュエットで「ホール・ニュー・ワールド」を披露していますが、たしかにジャスミンがソロで歌うシーンはなかったですよね。

ジャスミン役のナオミ・スコットさんの実際の歌声は聞いたことがないのですが、彼女は女優業と歌手業を兼業している方なので、美しい美声が聴けるのではないかと楽しみです。

実写版「アラジン」の最新予告編

英語版のみですが、実写版「アラジン」の最新予告編が公開されています。

これをみても、ジーニーのインパクトが強すぎますね。

実写版「アラジン」の日本語吹き替えキャストは誰?

残念ながら、日本語吹き替え版の吹き替え担当は未だ発表されていません。歌も日本語版になるため歌が上手い人が吹き替えキャストになるのではないかと思います。

しかしインターネットでは、アラジンファンによる、吹き替え担当はこの人がいい!といった話で盛り上がっています。

私の予想になってしまいますが、主要メンバーの吹き替え担当はこの人になるのではないかというのを想像してみました。

→アラジンとジャスミンの吹き替えが発表されました!↓に追記しています!

アラジンの吹き替え

アラジンは作品の中で歌を歌うことから、歌唱力がある俳優さんが吹き替えを担当するのではないかなと見ています。

ミュージカル俳優で名の知れている井上芳雄さん山崎育三郎さんが有力候補かなと思います。

この2人に絞ってみると、2017年に公開された実写版「美女と野獣」で、ビースト役を演じた山崎育三郎さんが一番の候補に挙がりそうだなと思いました。

追記!

残念ながら予想は当たらず、アラジンの吹き替えは中村倫也さんに決定しました!

実写版アラジンの吹き替えは中村倫也に決定!CMの歌もうまい!

実力・人気ともにジャンルレスな実力派俳優の中村倫也が実写版「アラジン」の主人公アラジン役に抜擢されま...

ジャスミンの吹き替え

ジャスミンもアラジン同様、作品の中での歌唱シーンがありますよね。

しかも、ソロパートもあるというので、演技力よりも歌唱力で選定されるかなと思います。

となると、一番に思いつくのは宝塚ですが、宝塚の方々が声優ってなんだかイメージが湧かず…却下します。

アラジン同様、ミュージカル界で活躍している女優さんをイメージして、ジャスミンとあまり年齢の変わらない生田絵梨花さん、宮澤エマさんのどちらかかなと想像しました。また、アナ雪で大活躍した松たか子さんや神田沙也加さんなどもあるかもしれませんね。

個人的には、宮澤エマさんのほうが年齢が上な分表現も豊かでしょうし、ジャスミン役に適しているのかなと思います。

追記!

ジャスミンの吹き替えは木下晴香さんと発表されました!

木下晴香の評判は?歌唱王・ジャスミン・メーテル・ジュリエット役で活躍!

木下晴香が実写版映画「アラジン」のジャスミンの振り替えに決まりましたね。木下晴香は歌唱王で有名になり...

ジーニーの吹き替え

ジーニーの吹き替えは、山寺宏一さんではないかと思います。

山寺宏一さん、実はアニメ版のアラジンでジーニーを演じており、更には実写版でジーニー役を務めるウィル・スミスさんの代表作「アイ・アム・レジェンド」、「アイ・ロボット」などでもウィル・スミスさんの日本語吹き替えを担当しているのです。

アニメ版のジーニーと声を合わせるのであれば山寺宏一さん。

ウィル・スミスさんに一番しっくりくるのも山寺宏一さん。

よってジーニー役は山寺宏一さん以外いないと思っています。

追記!

ジーニーの吹き替えは山寺宏一さんに決定したとのニュースがありました!予想が当たりましたね!

まとめ

ここ最近、ディズニー映画に限らず、実写化が流行っていますよね。「君の名は」も実写化が発表されましたしね。

ジーニー役のウィル・スミスさん見たさに劇場に足を運びたいですね。日本語吹き替えを担当する方々の発表も楽しみで仕方がありません。

吹き替えの人によって、興奮度が変わってきますもんね。

映画公開間近には、テレビでアニメ版が放送されたりすると思うので、情報が分かり次第またお知らせ致しますね。

いろいろ楽しみですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク