ワンオクロックが実写化映画「キングダム」の主題歌に決定!曲名は?

漫画の「キングダム」がついに実写映画になりました。その主題歌を歌うのは今人気のワンオクロックです。原作のキングダムファンも、ファンでなくても実写映画は待ち遠しいと思います。ワンオクロックファンも主題歌を歌うということで、この映画を楽しみにしていることでしょう。

スポンサーリンク

実写化映画「キングダム」とは?

実写化する映画「キングダム」とは、もともと漫画が原作です。

中国の歴史がわかりやすく漫画で描かれています。

キングダムのあらすじを紹介しますね。

時は紀元前245年のこと、時代としては春秋戦国時代で場所は中国。奏が舞台となっています。そこには主人公となる戦災孤児の少年が2人おり名前を「信」と「漂」がいました。

信と漂は自分達の手でいつかは天下の大将軍になる!という夢を見て毎日剣術の訓練をしてその腕を磨いていました。

ある日のこと漂は王都の大臣である昌文君により王宮へと連れていかれます。

一方、王宮では王様の弟の成蟜によるクーデターが起きており戦いが始まっておりました。

表は致命傷を負いますがなんとか信のいる納屋にたどり着きます。

漂は信に向かって「お前に頼みたいことがある」と言い漂の手は血まみれになっていてそこには何かが握れているようです。

1枚の紙きれ?その紙にはある丘に建つ小屋を示している地図のようでした。

漂は最後に「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる・・・。信!俺を天下に連れて行ってくれ・・・」と言い力尽きて強います。

漂の死を無駄にしないためにも信は票が持っていた剣と地図を握りしめて目的の地へと走り出す!

実写化映画「キングダム」の主なキャスト

主なキャストをご紹介します。

主演は信(しん)役は山崎賢人です。

その他のキャストは以下の通りです。

嬴政(えいせい)役は吉沢亮

楊端和(ようたんわ)役は長澤まさみ
河了貂(かりょうてん)役は橋本環奈

成蟜(せいきょう)約は本郷奏多
壁(へき)役は満島真之介
昌文君(しょうぶんくん)役は髙嶋政宏
騰(とう)役は要潤

王騎(おうき)役は大沢たかお

実写化映画「キングダム」の公開日はいつ?

映画「キングダム」公開日は、2019年4月19日(金)からです!

公開後すぐにGWが始まりますので、GWに人気の映画となるのではないでしょうか?

今から凄く楽しみですね。

実写化映画「キングダム」の主題歌を担当するワンオクロック(ONE OK ROCK)とは?

今回実写化映画の「キングダム」の主題歌を担当してくれるアーティスト・ワンオクロック(ONE OK ROCK)!通称「ワンオク」とも言います。

ワンオクロック(ONE OK ROCK)とは、どんなアーティストなのかを紹介します。

ワンオクロック(ONE OK ROCK)はアーティスト名からすると、外国人だと思っていましたが、日本人メンバーが集まって結成された日本のロックバンドでした。

所属事務所はアミューズという有名な芸能事務所。所属レーベルは日本と海外の2か所あります。

ジャンルとしてはロックとポップロックポスト・ハードコア、オルタナティブ・ロックとポップ・パンク、エモ!2005年から活動しています。

現メンバーは4人いて、結成当初からのメンバーは3人です。

2005年からのメンバーは

ボーカル:Taka

ギター:Toru

ベース:Ryota

の3人です。

4人目のドラムス:Tomoyaは2007年から加入しました。

ONE OK ROCKでワンオクロックと読みます。

最初グループを結成した当時練習スタジオに入る時間が深夜パックで料金を安くするため毎週末の午前1時だった。

午前1時を英語にするとONE O’CLOCKなんですが後ろの「O’CLOCK」の部分を『OK』と『ROCK』に置き換えました。

「ひとつの良いロック」にかけて名前を付けた。

まだ名前を付けるまでは別の候補として「タクシーズ」・「ピストンズ」などがありました。

省略形としては「ワンオク」や「OOR」が使われることが多いです。数字でも「10969」とも表現することができます。

海外ではRとLの発音の違いからONE「OKROCK」で読み方としてはオーケーロックです。

ただ「O’CLOCK」のオクロックと読ませるのは難しいため『ONE OKAY ROCK』で『ワンオーケーロック』と発音することで公式にしています。

がワンオク(ONE OK ROCK)の名前の由来でした。

凄いアーティストだというこです。

ワンオクのボーカルのTaka(タカ)のコメント

ワンオクのボーカルであるTakaさんは、今回の曲のイメージについてコメントを発表しています。

コメントの一部を抜粋すると「曲のイメージを作るために完成前の映画を観させていただき、その規模に感動しました。」

曲を作るために映画を観てからというのは、凄いと思いますね。

Takaさんのコメントの続きとしては「”壮大さ”や”ビッグアンセム”をテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねていき、自他共に『これはいい!』と思える曲、『Wasted Nights』が完成しました。」

このコメントを見て私はワンオクのTakaさんのような凄い人であっても、あぁでもない・こうでもないって色々と考えて、考え抜いてこの1曲を完成させたんだ。

凄い人だからパッと曲が作れると思っていたので、努力をしているのを知れて身近に感じることができて嬉しかったです。

しかも曲ができてTakaさんは、自信たっぷりだというのがかっこいい!

そして最後にTakaさんは「映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりですので、映画とともに、主題歌もお楽しみください。」と映画を観る人達へメッセージを送ったんです。

やっぱり、映画の雰囲気を壊さないようにしているというのが凄いと思いました。

2月1日には最新の予告映像が公開されています。

劇場のスクリーンでは最新予告の映像が流れます。予告によると内容は友達を奪われてしまった主人公の信と、玉座を奪われた若き王の嬴政(えいせい)との出会いが描かれています。

楊端和(ようたんわ)率いる山の民や、王騎の荒ぶる矛など・・・見どころ満載。一言では言い表せません。

何と言っても凄いのはキャスト陣が豪華だということ!

その豪華なキャストによるアクションシーンや、本場の中国をロケ地としている点も見逃せません。

中国ロケだからこそできるド迫力映像がドっと押し寄せてくる。信達側は50人に対し、敵軍は8万人!不可能な戦に立ち向かう男達の物語と、Takaの伸びやかな声が映画の内容とシンクロします。

ワンオクロックのTaka(タカ)は英語の発音がめちゃくちゃいいのですが、英語の発音が良い理由について、↓こちらの記事で書いておりますのでご覧ください。

【ワンオクロック】タカ(Taka)の英語が上手い訳(理由)は?ジャニーズ時代の画像は?

ワンオクロックのTaka(タカ)の英語がうまい!と話題になっています。その発音はネイティブの人がきいても日本人とは思えないレベルなんだそうですが何か特別な理由があるのでしょうか?Taka(タカ)は元ジャニーズだったことも有名ですよね。ジャニーズ時代のTaka(タカ)にもスポットをあてながら、ワンオクロックのTaka(タ...

実写化映画「キングダム」最新予告映像!

実写化映画「キングダム」の最新予告映像が解禁されたとの情報があります。

その最新予告映像がどんなものなのかを紹介しますので、最後までご覧ください。

バックに流れているのが主題歌で、ワンオクロックの「Wasted Nights」という曲です。

映画『キングダム』予告
ONE OK ROCK、映画『キングダム』主題歌 Taka自信「これはいいと思える曲」 映画『キングダム』最新予告映像

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実写映画「キングダム」のあらすじや、キャストや公開日・主題歌を担当するワンオクについてご紹介しました。

ワンオクファンなら凄くワクワクしちゃうでしょうね。

ワンオクのボーカルのTakaさんって、とても素敵な人だということもわかりました。

待ちに待った実写映画「キングダム」の最新予告映像をご紹介しました。

キングダムの公開が楽しみですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク