小園海斗の母は元なでしこ?出身中学はどこ?

昨年のドラフト1位で広島東洋カープへ入団した小園海斗(こぞの かいと)ですが、母が元”なでしこ”とのうわさです。出身中学を含め調査してみましたのでご覧ください。

小園海斗のプロフィール

小園海斗は平成12年6月7日生まれ、兵庫県宝塚市出身です。

身長178cm、体重84kg、 右投左打の内野手(ショート)です。

野球を始めたのは、6才の時に甲子園球場でみたプロ野球の試合がきっかけになっているようです。

宝塚市立逆瀬台小学校1年生の時、「宝塚リトルリーグ(硬式)」で野球を始めています。

そして2年生の時に、持ち味の俊足を生かすため、左打ちに転向しています。

小園海斗(広島カープ)の出身高校や中学はどこ?

小園海斗の出身中学は宝塚市光ガ丘中学校です。

中学生時代は、関西でトップレベルの、強豪枚方ボーイズ(硬式野球)に所属し、1年の時からスタメンで起用されています。

小園海斗の活躍もあり、枚方ボーイズは3年生の時全国優勝しています。

ちなみに、チームの同期には、大阪桐蔭高校からドラフト1位でロッテに入団した藤原恭大選手がおり、二人は大変仲が良く家族での付き合いのようです。藤原選手とは良き仲間でありライバルでもあるのですね。

そして、中学3年の秋に侍ジャパンU15に選ばれ、アジアチャレンジマッチに出場、世界大会では優勝しています。

そして、出身高校は兵庫県西宮市にある野球の名門報徳学園高校です。

報徳学園は、春と夏を合わせて36回も甲子園に出場、春2回、夏1回優勝をしている甲子園の常連・超強豪チームです。

小園海斗の甲子園での活躍は後で紹介させていただきます。

小園海斗(広島カープ)の母は元なでしこジャパンの選手?

そんな小園海斗の母親は、22歳まで現在の日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ(旧Lリーグ))の選手でした。名前は”こずえ”さんのようです。

あの澤穂希さんの先輩にあたります。

”バニーズ京都国際SC(旧旭国際バニーズ)”のMF(ミッドフィルダー)として活躍していました。50mを6秒台で走る、陸上選手並みの俊足だったようです。

”元なでしこ”で活躍した母親のDNAを受け継いでいますね。

母親は、幼いころ息子の小園海斗にサッカーボールを渡したが、興味を示さず野球のボールに興味を示したというエピソードがあります。

小園海斗(広島カープ)の甲子園での活躍!

小園海斗は、報徳学園で1年の春からベンチ入り、同夏から1番ショートでスタメン入りしています。

2年春に甲子園選抜大会に出場、4強入りしました。この時の打率が何と5割、ホームランも打っています。

3年の夏には甲子園高校野球100回記念大会に出場、初戦の聖光学院(福島県)戦で大会タイの1試合3本の2塁打を打ち、4打数3安打3得点と大活躍、50m5秒8の俊足がいかんなく生かされました。

先頭打者の小園海斗がいきなり2塁打を打ちました ↓

大会No.1選手 報徳学園 小園海斗 全打席 聖光学院戦

この試合で、小園海斗の守備位置に注目が集まりました。ショートでの守備位置が深く、外野の芝生付近で守っていたのです。テレビの解説者も守備位置について触れていました。俊足・強肩で守備に自信がるため、深い位置で守っていたのですね。

守備の動画もご覧ください ↓

報徳学園 小園海斗 ショート守備 聖光学院戦

堅実なショートの守備は超高校級との高い評価を受けました。

そして、報徳学園はベスト8に進出しています。

そして、2、3年の時に侍ジャパンU-18日本代表でプレイ、走・攻・守のすべてで超高校級の選手だったわけですね。

小園海斗(広島カープ)は開幕スタメン?

広島カープに入団した小園海斗の背番号は51です。広島カープ不動の4番に成長した、鈴木誠也選手が背負っていた番号を継承しました。

入団記者会見では「日本を代表するショートになりたい」と語っており、ゴールデングラブ賞の獲得にも意欲を示していました。

去る3月28日に開幕1軍登録メンバーが発表され、リーグ4連覇がかかる広島は、小園海斗を1軍入りさせました。

球団の高卒新人では異例の事です。しかし、残念ながら1軍でグラウンドに立つことなく、登録を抹消されてしまいました。やはり、広島内野陣は強力ですから、現状では出番がないのでしょうか?

そして、4月2日ウェスタンリーグ公式戦(対中日)で1番ショートでスタメン出場、2打席目に左前の初安打、エラーの間に2塁へ進み、ここでも俊足が生かされています。↓

小園海斗公式戦二塁打デビュー4月2日全打席

コメントでも「いちはやく呼んでもらえるよう頑張りたい」と1軍復帰へ意欲を示しています。

野球ファンの私としては、セ・パ交流戦の広島VSロッテで、塁に出たロッテの藤原とショートを守る小園海斗が、2塁ベース上で声を交わす場面が見られたら最高です。

まとめ

もうすぐ鯉の季節がやってきます。

今年の広島カープは、いまひとつ開幕ダッシュに乗りきれていません。

ルーキーの小園海斗に”こい”の勢いをつけていただきたいものです。

そして、球界を代表するショートストップになってほしいですね。

こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク