頓宮裕真のパンチパーマが話題!実家は山本由伸投手と隣同士?

2018年ドラフト2位でオリックス・バファローズへ入団した頓宮裕真選手ですが、パンチパーマが話題になっています。そして実家が、オリックスの同僚でもある山本由伸投手と隣同士ではないかとの話題があったので調査してみました。

頓宮裕真 プロフィール

まずはプロフィールをご紹介します!

頓宮裕真:とんぐうゆうま

1996年11月17日生まれの22歳です。

身長181cm、体重98kg、右投げ・右打ちの内野手(3塁手)です。

出身は岡山県備前市、備前市立伊部小学校1年時に”伊部パワフルズ”という野球チームで捕手として野球を始めています。

中学校時は”瀬戸内マリナーボーイズ”に所属、進学した岡山理科大学附属高等学校では1年夏からベンチ入り 1年秋から4番・捕手になっています。

高校3年間を通じ甲子園出場は果たしていませんが、この時から体格に恵まれ、強肩・強打の捕手としてプロからも注目される存在でした。

しかし、プロ志望届は提出せず亜細亜大学へ進学しました。亜細亜大学野球部では、1年時春期リーグ戦から主力捕手として起用されています。

3年時春期リーグ戦12試合で、打率386、ホームラン3本、打点13の活躍をし、東都連盟ベストナインに選出されています。

4年時は亜大学野球部主将を務め、第42回日米大学野球選手権大会、第29回ハーレムベースボールウイーク(野球の国際大会)で大学日本代表の4番打者に座っています。

東都野球連盟1部4年間通算で14本の本塁打を放っています。

余談になりますが、亜大学野球部は日本一練習と上下関係が厳しい大学と言われています。

その練習量は”地獄”とも言われているようです。厳しい練習を乗り越え、多くのプロ野球選手が輩出されています。

頓宮裕真選手も、そんな厳しい練習を乗り越えた一人なんですね。

頓宮裕真 兄弟や家族構成は?

私もそうでしたが、頓宮裕真選手の一番最初に気になるのはその珍しい苗字ではないでしょうか。

「頓宮」は全国で980人ぐらいの珍しい苗字ですが、岡山県では以外と多い苗字のようです。

残念ながら兄弟や家族構成については情報がありませんでした。

しかし、同じオリックスの山本由伸投手と実家が隣同士のようですので調べてみました。

頓宮裕真の実家は山本由伸と隣同士って本当?

山本由伸投手は現在20歳ですから頓宮裕真選手の2歳年下になります。

出身は備前市で、小学校1年生時”伊部パワフルズ”で野球を始めています。

高卒で、2016ドラフト4位でオリックスに入団しています。

昨季はセットアッパーに抜てきされ、54試合登板でリーグ2位の36ホールドと急成長を遂げています。今シーズンは先発に転向し、ローテーションを任されている若手有望株です。

そんな同僚の山本由伸投手と頓宮裕真選手は、やはり実家が隣同士で、幼少期から仲が良く、同じ野球チームに所属していたのですね。

当然キャッチボールをよく一緒にやっていたようです。

頓宮裕真選手がドラフト指名された後の地元備前市での祝賀会に、球団では先輩にあたる山本由伸投手が出席し、プロでの再会を喜び合ったとのことです。

地元としても、1軍で活躍しているプロ野球選手が二人もいるという事はかなりの自慢だと思います。

頓宮裕真のプロでの活躍は?

頓宮裕真選手は、打力を生かすため内野手(3塁手)としてドラフト指名をされました。

「オリックスに”パンチ”が帰ってきた!」と言われています。”パンチ”といえば、亜大学の先輩でオリックスOBでもあるパンチ佐藤ですね。

亜大学野球部の生田監督から「目立つように」との指令を受け、パンチパーマにしたようです。

パンチパーマが功を奏したかどうかは不明ですが、開幕1軍メンバー入りをして、3月29日の日本ハム戦に5番3塁手クリーンナップとしてスタメンに起用されました。

プロ初打席で、1死満塁のチャンスに、日本ハムのエース上沢直之投手からライト前に2点適時打を放ちました。

4月18日、同僚の山本由伸投手が先発した試合(対日本ハム戦)で、プロ入り1号のツーランホームランを放ちましたが、残念ながら試合は負けてしまいました。

こちらの動画をご覧ください。↓

オリックス 頓宮のプロ第一号ホームラン!

しかし、4月19日対楽天戦では3塁スタメンで、9回表に勝ち越しの2号本塁打を放ち、チームの勝利に貢献をしています。

現在(4月19日)打率は219. と低いですが、持ち前のパワーが発揮されつつあります。

頓宮裕真の気になる年俸は?

頓宮裕真選手は、契約金8000万円・年棒1200万円(推定)の条件で契約を結んでいます。

契約金上限に関して正式な規定はありませんが、申し合わせとして1億円が相場と決まっているようです。頓宮裕真選手はドラフト2位ですからかなりの高額と言えます。

しかし、相当分は税金で持って行かれるのですね。

年棒ですが、ドラフト1位の新人で1500万円ほどの球団が多いので、1200万円というのはそこそこではないでしょうか。

そして背番号は”44”です。どちらかというと、日本人は”4”という数字を嫌いますが、その4が二つ並ぶ数字です。このあたりに頓宮裕真選手の大物ぶりが表れていますね(あくまでも私見ですのでご了承ください)。

まとめ

オリックスバファローズは現在7勝8敗で、4位Bクラスです。

ほとんどの解説者が、パリーグ順位予想で4~6位に上げています。

リーグ優勝をしたのは、1996年スーパースターの”イチロー”がいた時に日本一になったのが最後です。

山本由伸投手が先発し、頓宮裕真選手がホームランを放ち勝利し、ふたりしてお立ち台でヒーローインタビューを受け、願わくば解説者の予想を圧倒的にくつがえすようなチーム成績を残し、解説者の鼻を明かしていただきたいものです。

こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク