ダニエル太郎がイケメンで大人気!世界ランキングも上昇中!

日本人男子テニスプレーヤーといえば?「錦織圭」ですよね。「ダニエル太郎」というイケメン日本人男子テニスプレーヤーがいるのをご存知ですか?世界ランキングもグングン上昇中です。最近では、あの有名なテレビ番組にも出演したとか…。では早速見ていきましょう。

イケメン日本人テニスプレーヤー ダニエル太郎とは?

ダニエル太郎選手とは?まずはプロフィールを見ていきましょう。

1993年1月27日生まれの26歳。父親はアメリカ人、母親は日本人のハーフです。アメリカ・ニューヨーク出身で、その後すぐに日本の埼玉県加須市に移り住みました。

元テニスプレーヤーの父親の影響もあり、7歳のときにテニスを始めました。その後14歳のとき父親の転勤に伴って家族でスペイン・バレンシアに移住し、世界のトップ選手であるダビド・フェレールが所属する「バレンシアテニスアカデミー」でトレーニングに励んでいるそうです。

2010年、17歳のときにプロテニスプレーヤーに転向し、2014年、21歳のときにATP250チリオープンベスト8進出、デビスカップでは日本代表に選ばれ、一気に注目を集めました。

父親がアメリカ人・母親が日本人ということもあり、流暢な英語と日本語を話すことができます。しかし彼はそれだけでは留まりません。スペインで暮らしていたこともあり、スペイン語、そしてロシア語も話せるのです!!4か国語も話せるなんて驚きです。

イケメンすぎて人気急上昇!行列のできる法律相談所にも登場!

2019年1月20日には、あの人気番組「行列のできる法律相談所」にも初出演を果たしました。

番組内では、ダニエル太郎選手のトレーニング方法”イドポータルメソッド”が紹介されました。

このイドポータルメソッドとは、可動域を広げるトレーニングで、自分のからだを上手くコントロールするためのトレーニングなのだそうです。

”イド・ポータル”とは、この理論を生みだした人の名前から由来しています。元格闘家であり、イスラエルの元軍人でもある彼は、ブラジルの国技であるカポエイラからイドポータルメソッドの理論を見出しました。

カポエイラとは、音楽・ダンス・格闘技の要素が合わさったブラジル発祥のスポーツです。ブレイクダンスにも影響を与えているとされており、音楽に合わせてアクロバットな動きをするものです。

そのカポエイラに加えて、古武道・ヨガなどの動きを取り入れ、”動き”に重きを置いているのがこのトレーニングです。

このトレーニングによって、人間の基本的な動作である、歩く・走る・跳ぶなどの動きに加えて、どの角度や方向にでも力を発揮できるようになるというのです。

ダニエル太郎選手の強さの秘訣がこのトレーニングということで、今後注目されること間違いなしですね。

あのジョコビッチにも勝利!

男子テニスのBNPパリバ・オープンのシングルス2回戦で、世界ランク106位のダニエル太郎選手が、なんと世界ランク1位のジョコビッチ選手をフルセットの末、勝利するという番狂わせを演じました。

このシーズンでは、ダニエル選手は予選敗退や初戦敗退など、勝利に恵まれず苦戦していました。しかし、まさかの奇跡が起こったのです。

本当に驚いている。朝のウォーミングアップをした時、センターコートはとても大きいと感じた。正直、かなり緊張しながらプレーしていた。明らかに彼(ジョコビッチ)はベストなテニスをしていなかったけど、それをアドバンテージにすることができた。第2セットを落としても、ファイナルセットで何かを起こせるという自信があった。そして諦めずに頑張り続けた。それはとても誇りに思っている。第1セットでブレークバックした時に、彼(ジョコビッチ)がいいプレーをしていないと思った。勝てると思った。もし、このプレーを続ければ勝てると。辛抱強いプレーを続け、冷静でいられたと感じている。ファイナルセットは自分自身のプレーを取り戻せた。

男子プロテニス協会のATPの公式サイトにこう記載されています。

世界ランクだけを見ると、勝負する前から結果はわかりきったも同然ですが、そんな相手を前に、相手の調子を分析し、自分のペースに持ち込むことができたのが試合の勝因でしょうね。本当に恐ろしい選手です。

ダニエル太郎の世界ランキングの推移!

2010年にプロ入りし、2015年10月に一気にランキングが上昇しました。その後2016年1月に初めて世界ランキングで2ケタになり、最新ランキングでは自己最高を更新し69位まで上昇しています。

2015年1月5日付…176位

2015年10月5日付…125位

2016年1月4日付…96位

2016年4月18日付…85位

2016年10月10日付…90位

2017年1月2日付…127位

2017年10月2日付…116位

2018年1月1日付…99位

2018年2月12日付…104位

2019年1月28日付…69位

デビスカップ2019予選に出場!

2019年以降のデビスカップは新フォーマットになり、2月にファイナル予選、11月にファイナルが開催されることとなりました。

その2月に行われるファイナル予選に出場するため昨年9月にプレーオフを戦いました。

第1日目のオープニングマッチで、ダニエル太郎選手が、トミスラフ・ブルキッチ選手を破り、日本に貴重な1勝目をもたらしたのです。

続く第2試合では、西岡良仁選手がミルジャ・バシッチ選手を破り、日本は2勝目。

さらに第2日目の第3試合となるダブルスでも日本は勝利し、ワールドグループ残留を決めました。この勝利によって、2019年2月に行われるデビスカップのファイナル予選で、シード国としての出場が決定しました。

2019年デビスカップ ファイナル予選は「日本対中国」で2月1日~2日に中国・広州で行われる予定です。

出典:https://www.jta-tennis.or.jp/tabid/445/Default.aspx

日本はシングルスで初日の第一試合に西岡良仁選手、第二試合でダニエル太郎選手が登場し、勝利しました。

これで日本は予選を突破し本選出場が決定しました!

まとめ

テニスを7歳から始めたということで、やや遅いスタートですがすごいプレーヤーになれるんだなということを改めて感じました。

父親も元テニスプレーヤー、妹もテニスプレーヤーということで、テニス漬けの幼少期だったのでしょうね。

また、4か国語が話せるのには衝撃でした。テニスを頑張りながら、語学の勉強も怠らなかったのでしょうか。努力家なのですね。

そんな努力家のダニエル太郎選手今後注目のイケメンテニスプレーヤーですね。デビスカップの本選も楽しみですね。

こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク