ボストンマラソン2019に川内優輝が出場!中継は?他の日本人選手も紹介!

公務員・市民ランナーとして有名な川内優輝(かわうちゆうき)選手が、昨年優勝したボストンマラソン2019に今年も 日本人代表で出場します。日本でのテレビ中継はあるのか、その他の日本人出場選手や・有力選手なども調べてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

ボストンマラソン2019のはいつ?

4月15日(月)に「ボストンマラソン2019」が開催されます。

ボストンマラソンは、例年4月の第3月曜日の「愛国者の日(アメリカ独立戦争の緒戦となったレキシントン・コンコードの戦いを記念したもの)」に開催されています。

世界のトップマラソン選手が参加し「ワールドマラソンメジャー」と呼ばれており、世界6大マラソン大会のひとつです。川内優輝選手は、この歴史ある大会に昨年優勝し、快挙と報じられています。

スタート時間は「男子エリートの部」が4月15日(月)23時00分(日本時間)です。

日本時間ですと深夜にかかってしまいますが、テレビ中継はされるのでしょうか?

ボストンマラソン2019のテレビ中継は?

残念ながら日本でのテレビ中継はないようです。

しかしながら、「インターネットライブ配信」で視聴できそうで、スマホ・PC・タブレットから楽しめそうです。

大会HPによるとDAZN(ダ・ゾーン)で放送予定になっていますので、登録すれば視聴可能です。

DAZN(ダ・ゾーン)は無料トライアル実施中なので、ぜひこの機会に登録してみて下さいね。

登録は↓をクリック!

ボストンマラソン2019に前回王者の川内優輝選手が出場!

前回王者の川内優輝選手が今年も出場します。それでは、川内優輝選手についてプロフィール・経歴を少し紹介したいと思います。

生まれは東京都世田谷区、年齢は32歳です。埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現,久喜市)で育ち、学習院大学を卒業後埼玉県庁に入庁しています。埼玉県職員として勤務する傍ら練習を続け”市民ランナー”として各大会に参加しています。

男子マラソンでの主な実績です。

・東京マラソン2011        3位(日本人トップ)

・2011世界陸上大邱大会      17位(日本人3位)

・2013世界陸上モスクワ大会    18位 (日本人4位)

・2013別府大分毎日マラソン大会  優勝

・2014仁川アジア競技大会     銅メダル

・2017世界陸上ロンドン大会    9位(日本人トップ)

・2018ボストンマラソン      優勝 (日本人の優勝は瀬古利彦以来31年ぶり)

・2019びわ湖毎日マラソン     8位(日本人2位)

・防府読売マラソン        4回優勝(2012,2014,2017,2018)   等

PB(プライベート・ベスト/自己記録)は2時間08分14秒、オリンピック出場経験はまだありません。

しかし、2019年9月以降に開催予定の”MGC”(マラソングランドチャンピオンシップ(東京五輪・日本代表選考会))の”ワイルドカード”出場資格を有しています。

実は、川内優輝選手は「ギネス世界記録」に認定されているのはご存知でしょうか。

マラソンで、76回の”サブ20”(2時間20分未満)と世界最多記録を更新したからです。

マラソン競技は、トップ選手であれば年1~2回のレースですが、川内優輝選手は2012年には何と年9回出場しています。それだけ出場回数も多いということですね。

2019年3月末限りで埼玉県庁・公務員を退職し、4月より「あいおいニッセイ同和損害保険」と所属契約を結び”プロランナー”に転向しました。

ボストンマラソン2019はプロとして臨む初のメジャーレースです。

余談ですが、川内優輝選手が今年の5月に結婚することが明らかになりました。お相手は女子マラソンの水口侑子選手(さん)です。水口さんは実業団の「デンソー」に所属、3月に行われた「名古屋ウイメンズマラソン」を最後に引退したようです。

”マラソン婚”ですね、お幸せに!

ボストンマラソン2019に出場するその他の日本人選手は?

川内優輝選手以外で、ボストンマラソン2019に出場する主な日本人選手です。

井上大仁(いのうえひろと)選手  26歳

山梨学院大学の時、箱根駅伝に1年生から4年連続出場

所属:MHPS(三菱日立パワーシステムズKK)

PB:2時間06分54秒(男子マラソン日本歴代4位)、MGC出場資格有

2018ジャカルタアジア競技大会・男子マラソンで金メダルを獲得、大迫傑、設楽悠太と並び

日本男子マラソン3強のひとりと言われています。

園田隼(そのだはやと)選手  30歳    所属:黒崎播磨

PB:2時間09分34秒、MGC出場資格有

2018別府大分毎日マラソン 2位(日本人トップ)

ゼッケン25、丸刈りの髪型がトレードマークです。

ボストンマラソン2019に出場する世界の強豪選手!

ボストンマラソン2019に出場する世界の強豪選手をPB上位から列記してみました。

①ローレンス・チェロノ    ケニア    2時間04分06秒 (世界歴代14位)

②シサイ・レマ        エチオピア  2時間04分08秒

③レミ・ベルハヌ       エチオピア  2時間04分33秒

④ソロモン・デクササ     エチオピア  2時間04分40秒

⑤ㇾリサ・デシサ       エチオピア  2時間04分45秒

⑥ケネス・キプケモイ     ケニア    2時間05分44秒

⑦フェリックス・キャンディ  ケニア    2時間06分03秒

⑧ジェフリー・キルイ     ケニア    2時間06分07秒

⑨フェスタス・タラム     ケニア    2時間06分13秒

⑨ウェズリー・コリル     ケニア    2時間06分13秒

⑪フィレモン・ロノ      ケニア    2時間06分52秒

PB上位はすべてケニアかエチオピアの選手で、井上大仁選手のPBは全体の12番目、川内優輝選手は16番目です。いかに強豪ぞろいかがわかりますね。

まとめ

プロランナーへ転向後の初のメジャーレースです。翌月には結婚も控えています。

ボストンマラソンで2連覇を達成して、MGCで東京五輪の出場権を獲得すればまたまた快挙です。

大いに期待をしたいです。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク