錦織圭の年収推移がすごい!2019年の年収は跳ね上がる?

今、大活躍中の錦織圭選手。そんな錦織圭の年収がとんでもないのではと言われています。今までの錦織圭の年収推移を見ていき、2019年の年収を予測していきます。また、錦織圭選手の年収は世界で何番目にランクインするのかについても見ていきます。

スポンサーリンク

錦織圭の年収はいくら?2019年はどうなる?

2018年の推定年収は3460万ドル(約38億8000万円)

(※2018年9月20日時点に為替レートで算出:「フォーブス」が発表したもの)

収入の内訳としては、獲得賞金+スポンサー収入となっています。

ほとんどのスポンサーが2020年までの契約のため2019年のスポンサー収入は同じような感じになるかと思いますが、ケガに悩まされた2018年と違い2019年は全豪オープンでも活躍しましたので、賞金は跳ね上がるのではないかと期待しています。

コチラの記事も人気です!

錦織圭の全豪2019最新情報!観月あこと結婚か?

錦織圭の獲得賞金の推移(年収推移)!

2015年1950万ドル(約21億9300万円)

2016年3350万ドル(約37億6800万円)

2017年3390万ドル(約38億1300万円)

2018年3460万ドル(約38億8000万円)

ここ16~18年は安定しているのがわかります。

2019年は跳ね上がるのではないでしょうか?

錦織圭のスポンサーは?

日清食品/ユニクロ(ウェア)/ウィルソン(ラケット)/ナイキ(シューズ)/タグ・ホイヤー(時計)/ウィダーinゼリー/エアウィーヴ/WOWOW/ジャックス(クレジットカード)/デルタ航空/LIXIL(建築材料・住宅設備機器)/ジャガー(自動車)/プロクター・アンド・ギャンブル(生活用品)/JAL(日本航空)/久光製薬(鎮痛消炎貼付剤)/NTTドコモ/IMG

錦織圭選手のスポンサー、その数なんと17社にもなります。

スポンサーには、所属契約・スポンサー契約の2種類があります。1社とのみ所属契約を結ぶことができ、その他の企業はスポンサー企業と呼ばれます。

錦織圭選手の場合、日清食品が所属契約の企業ということになります。日清食品のロゴが入ったウェアを着用しているのを試合で見たことがあると思います。

↓Nissin、ユニクロ、LIXILのロゴが確認できますね。

世界で最も稼ぐスポーツ選手ランキングトップ10

『フォーブス』というアメリカの雑誌で公表された、2018年版のトップ10をまとめました!

1位 フロイドメイウェザー 2億8500万ドル (ボクシング)

2位 リオネル・メッシ 1億1100万ドル (サッカー)

2018年にはメッシがロナウドを抜いて2位に!

3位 クリスティアーノ・ロナウド 1億800万ドル (サッカー)

4位 コナー・マクレガー 9900万ドル (ボクシング)

5位 ネイマール 9000万ドル (サッカー)

6位 レブロン・ジェームズ 8550万ドル (バスケットボール)

7位 ロジャー・フェデラー 7720万ドル (テニス)

8位 ステフィン・カリー 7690万ドル (バスケットボール)

9位 マット・ライアン 6730万ドル (アメフト)

10位 マシュー・スタッフォード 5950万ドル (アメフト)

錦織圭は何位にランクイン?

錦織圭選手は日本人としてはトップの36位にランクインしています!

今、日本一稼ぐスポーツ選手と言えますね。

すごすぎる金額なので、すごいとしか言えませんね。

まとめ

錦織圭選手には多くのスポンサーがついていて、今までの年収推移を見ると、今年も劣ることがないように思われます。さすが世界の錦織圭ですね。

また、「世界で最も稼ぐスポーツ選手」として35位にランクインしており、日本人ではトップということがわかりました。これからも、獲得賞金でどんどん年収推移を挙げていってほしいところですね。

今後も錦織圭選手の活躍から目が離せません!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク