上白石萌歌と上白石萌音はハーフで双子?可愛くて人気急上昇!

上白石萌歌(かみしらいしもか)さんと上白石萌音(かみしらいしもね)さんの姉妹をご存知でしょうか。お二人ともドラマや映画で引っ張りだこですが、そんな姉妹は「ハーフで双子である!?」という噂がされています。本当に双子のハーフなのかを追求していきます。

上白石萌歌と上白石萌音は双子なの?

上白石 萌歌さん(右):2000年2月28日生まれ

上白石 萌音さん(左):1998年1月27日生まれ

ということで、お二人は2歳差の姉妹です!

こうやって比べてみると、妹の萌歌さんの方は大人っぽくてキレイ系、姉の萌音さんの方がタレ目で可愛い系です。ですが、これだけ似ていると双子と言われてもおかしくないですよね。

ただ、身長はだいぶ違うようです。妹の上白石萌歌さんは162cm、姉の上白石萌音さんは152cmと10センチも違います。

上白石萌歌と上白石萌音はハーフなの?

上白石萌歌さんは彫りが深く、非常にインパクトのあるエキゾチックな顔立ちです。そのため、「ハーフなのではないか」と言われています。上白石萌歌さんがハーフとなると、姉の萌音さんもハーフということになりますが、実際のところはどうなんでしょうか。

調べたところ、お二人とも純日本人で出身地は鹿児島県鹿児島市出身でした。そして、ご両親も日本の方でした。また、小学1年生から3年生まで父親の仕事でメキシコに住んでいたとのことで、萌歌さんは英語とスペイン語が堪能なんです。

異国情緒あふれるお顔立ちと多言語を話せることから、ハーフ説が浮上したのかもしれませんね。

上白石萌歌と上白石萌音のデビューのきっかけは?

お二人は2011年に開催された「東宝シンデレラオーディション」に参加しました。その際、当時10歳で小学5年生の萌歌さんは、44,120人の参加者の中から史上最年少でグランプリで選ばれました。

また、姉の萌音さんもこの時に同時に審査員特別賞を受賞し、このオーディションをきっかけにお二人とも芸能界デビューとなりました。

上白石萌歌と上白石萌音の出演作品は?

お二人の代表的な出演作品をご紹介したいと思います。

上白石萌歌(妹)出演作品

  • 2011年に「ピチレモン」(ティーンファッション雑誌)の専属モデル
  • ドラマ「幽かな彼女」(2013年)
  • CM「キリン 午後の紅茶」
  • 映画「羊と鋼の森」(2018年)
  • ドラマ「義母と娘のブルース」(2018年)
  • ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質です」(2019年)

など

上白石萌音(姉)出演作品

  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」最終回のみ
  • 長編アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」で声優
  • 映画「舞子はレディ」(2014年)
  • 劇場アニメ「君の名は。」(2016年)でヒロイン・宮水三葉の声
  • 映画「ちはやふる」
  • 映画「羊と鋼の森」(2018年)

など

まとめ

テレビで一人ずつ映ると非常に似ている印象で双子だと言われてもおかしくありませんでしたが、並べて比較するとお顔立ちに違いがあるのと身長差がありました。

きれい系が妹の萌歌さん、可愛い系が姉の萌音さんということがわかりました。

また、萌歌さんは彫りが深いためハーフではないかとの噂がありましたが純日本人の方でしたね。

これからもっと様々な場面で活躍していかれると思います。姉妹そろって多才なお二人なので、これからの活躍に注目していきたいですね。

こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク