昭和レトロな雰囲気で豊後大分の郷土料理が食べられる!「味の蔵 天まで上がれ」

以前旅行に行った大分で利用した豊後の郷土料理を頂けるお店がとても素敵だったのでご紹介したいと思います。

昭和レトロな雰囲気で豊後大分の郷土料理が食べられる「味の蔵 天まで上がれ」都町店をご紹介します。

スポンサーリンク

「味の蔵 天まで上がれ」都町店の詳しい場所

【住所】大分市都町4丁目1-10

【TEL】TEL 097(536)-1331

【営業時間】11:30~15:00  17:00~22:30 (21:30 LO)

【定休日】なし

【駐車場】有・無料

【アクセス】JR大分駅より徒歩15分

外観・店内の様子

明治初期時代に建てられたという商家の蔵を利用しているというお店は古民家風な外観です。

お店の中は落ち着いた印象のレトロモダンな雰囲気で、タイムスリップしたかのような感じがします。
店内の構造が少々複雑で迷路のようです。そんなところもちょっと面白くて楽しめます。

掘りごたつ式お座敷や和室のテーブル席など大小さまざまなタイプの個室がありますので、ゆくりと落ち着いて家族や仲間とお食事をすることができます。

また、「いけす」があり、関あじ関サバなどのお魚が泳いでいました。
お店の人の説明によると、豊後水道直送の活魚を入れているそうです。
時期によってはブリ・ヒラメ・伊勢海老・車海老・ふぐなどいろんな地魚が入っているとのこと。

子供たちはずっと魚を見て大興奮でした。

注文が入ると板前さんがここから網で取り上げて調理すると店員さんから説明を受けました。

スポンサーリンク

おすすめのお料理と食べてみた感想

お料理はコース料理・アラカルト・ご膳から選べるようになっています。

おすすめはやはり豊後大分の郷土料理コース。
だんご汁・とり天・じゃこめし・新鮮な活魚を使ったお刺身やてんぷらなどが食べられます。

私たちは家族で行ったのでアラカルトでいろいろ注文してみました。

子供たちの意見としてはだんご汁ととり天がとても美味しかったそうです。

だんご汁は具だくさんなので、汁だけど満腹感があります。とり天はとても柔らかく大きく子供でも食べやすいので、子供たちはとても気に入ったようで旅行中他のお店でも何度も食べていました。

私はやはり「いけす」から取り上げてすぐの活魚をそのまま調理して頂けるというお刺身に期待していました。食べてみると期待通りとても新鮮でコリコリ・ぷりぷりしていてとても美味しかったです。

主人は肉が好きなので、「豊後米仕上牛ロース(遠赤陶板焼)」を注文していました。
お米をエサにしているという大分のブランド牛を使用しているとのことでした。

陶板の上で自分で焼いて食べるというのも焼き加減を自分で調節でき、焼いていく過程が目に見えるので普段と違い楽しかったです。とてもやわらくて美味しかったです。

豊後大分の郷土料理が食べられるということで県外から旅行や出張できた人達にも人気です。
また、各種個室がたくさんあり懐石料理のコースやお祝い膳などもあるので、地元の方たちはお祝いや記念日などに利用する方が多いようです。

私たちは夕食で利用しましたが、ランチメニューも充実していていました。

ランチメニューは

てんぷらとお造りご膳

お刺身付きてんぷらステーキご膳

名物とり天と琉球昼食ご膳

季節の六枠松花堂

などのメニューがありAM11:30~PM3:00まで注文可能です。

ランチメニューのご飯はお代わり無料・コーヒーはセルフサービスで無料です。

ランチにぜひ行ってみたくなりました。ご飯のお代わり無料とコーヒーのセルフサービスはうれしいですね。

ランチの価格は1300円~1700円くらい。

通常のランチとして考えると少々お高めですが、接待や特別な日、お客様をおもてなしする際のランチとして利用するのには最適なお店だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

お店のネーミングも可愛らしく、一度みたら忘れない店名だと思いました。

レトロモダンな雰囲気の素敵なお店でゆったりと家族で地元の郷土料理が食べられて大満足でした。

大分の郷土料理の知識がないままに行きましたが、お店の方がおすすめをキチンと紹介してくださったので、思いがけず郷土料理を食べることができてとても満足感が高かったです。

大分駅からのアクセスもよく、お店の場所も分かりやすいので旅行者にもおすすめのお店だと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク